FC2ブログ

■TOEFL対策としての英文法

今月からTOEFL iBT対策として英文法を始めます。
【学習計画】
TOEFL学習計画


ここで一つ断っておくべきは、TOEFL iBTでは文法の問題は一文も出ません。
はっきり言ってしまえば、やっても得点に直接結びつきません。
それでもこの文法力というのは必ず英語を使う上で必要になる土台になるのも事実だと思います。

しかし単語とは違い、文法は一定のルールを覚えてしまえばそれで終わりです。
単語とは違い、文法のルールの数は決まっていますしね。
上記計画では文法も最後まで矢印が引いてあるのですが、実質的に文法の学習に充てる時間は5月と6月の2ヵ月間短期決戦で仕上げてしまい、その後は忘れないようにちょいちょい復習していくという流れになります。
やみくもに文法問題に手を付け続けることは出来ないので、文法の知識はこの時期に一気に叩き込みたいと思います。

幸い、私の場合はTOEICである程度の知識があるので、全くのゼロからのスタートでは無いというのも有利に働いてくれると思います。本当に単語特急と文法特急を暗記して良かったと実感(笑)

で、実際にこれから取り組み教材なのですが、TOEFL iBTに文法問題があるわけではないので、TOEFL専用の文法の対策問題集をやる必要がありません。ということで、私は以下の基準で本を選んできました。

①文法全体を幅広くカバーしている。
②なるべく簡潔にまとめてある。
③例文の多さ


この3点を基準に選んだ結果がこの本↓

TOEIC TEST文法完全攻略―必須単語も同時に身につく (アスカカルチャー)TOEIC TEST文法完全攻略―必須単語も同時に身につく (アスカカルチャー)
(1998/12)
石井 辰哉

商品詳細を見る

TOEICの問題集に思われるかもしれませんが、実は中身にTOEIC対策の問題はありません。ただひたすら私達の文法力の底力を養成していく内容になってます。幅広い文法をカバーしている上に、FORESTや一億人の英文法とは違い各文法のルールが非常に簡潔にまとめてあり、それを試す例文の量も完璧です。

まずは、とにかくこの本を精読して精読して精読しまくります。
そして分からない文法知識はFORESTや一億人の英文法やネットで調べるなりして、脳の中にある文法知識を実践で使えるレベルまで高めていくことを目標として取り組みます。
TOEFLにはライティングとスピーキングがあるので、ここでしっかりと定着させておかなければ後で後悔すること間違いないので、短期決戦といえど漏れの無いように仕上げていこうと思います。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

マック

Author:マック
・岐阜県在住

元のブログ名:英語ができない外国語学部生のTOEIC奮闘記!
学生では無くなったのでタイトルを変更しましたが、英語力の高みを目指すという気持ちは変わっていません。その日々の奮闘を記すブログです。

【趣味】
 ・カフェで休むこと
 ・犬と触れ合うこと
 ・野球観戦
        etc...

TOEICベストスコア
2011 11/27 845点

TOEFL
???(未受験)

検索フォーム