FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「速読」ではなく、「精読を速くする」

読解特急2の8週目が終了しました。
新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編
(2010/09/17)
神崎正哉、TEX加藤 他

商品詳細を見る

読解特急2と同時に解きまくれ!イクフンpart7も解いていると、スピードに対する意識が変わってきた感じがします。

読解速度を上げようと思った理由は時間内に解ききるためです。
そのためにタイムを短縮しようと努力してきました。

でも、単純に考えてスピードが上がったからと言って読解力が向上するわけではありませんよね。
何か自分に欠けている大切なプロセスがきっとあるのだと思います。

そこで一旦立ち止り、ヒロ前田先生の第164回レビューセミナーを改めて聞き直すことにしました。

もはや有名な(?)≪5つの問いかけ≫をおさらい。

①時間があれば解けるのか
②日本語なら出来るのか
③試験と同じ量もしくはそれ以上の文章に最後に触れたのはいつか
④真似すべきものはHowではない
⑤自分のやり方は決まっているか


レビューセミナーを聞き直したのが11月TOEICの3日前でしたが、この問いかけを確かめるべくこんなことをしました。TOEICのテスト前でしたが、確かめて良かったと思っています。その時は上記①~③を主に確かめました。なぜなら①~③の問いかけは、現状の自分に対する問いかけであり、ただちに確かめる必要性があると考えたからです。

ですがこれから先part7を解いていく上で本当に必要になってくるのは④と⑤の問いかけではないかな、と考えています。

真似すべきことはその人の学習に対する姿勢や努力、強い思いであると考えています。果たして今の自分にどれだけの思いがあるのか。自分に問いかけ続けることが、唯一の答えになるのかもしれませんけどね。

⑤の自分のやり方は決まっているのかの問いに関しては、ある程度part7を解く順序を固定して繰り返し解いている段階なので確定までには至っていません。
最近はスピードよりも、『読解力』ということを意識してpart7に取り組むようにしています。

【具体的にpart7で気を付けていること】
・各段落のthesis statementを常に意識
・誰に向けての文章なのか(人間関係)を理解する
・多少ゆっくりでもじっくりと読む
・DPは2つの文章の関係を常に意識
・問題文をよく読む(Notなのかどうかなど)

こんな基本的なことですが、これを常に意識してpart7を読むようにしています。基本の読解が出来ていなくて何がスピードUPだ!っと自分を責めつつ。

よって目標は「速読」ではなく、「精読を速くする」という方向性に意識を切り替えたいと思います。

このことを常に意識して、今日も読解特急2とイクフンドリルに取り組みます。
ではノシ
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

マック

Author:マック
・岐阜県在住

元のブログ名:英語ができない外国語学部生のTOEIC奮闘記!
学生では無くなったのでタイトルを変更しましたが、英語力の高みを目指すという気持ちは変わっていません。その日々の奮闘を記すブログです。

【趣味】
 ・カフェで休むこと
 ・犬と触れ合うこと
 ・野球観戦
        etc...

TOEICベストスコア
2011 11/27 845点

TOEFL
???(未受験)

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。